いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 立山黒部アルペンルート

立山ケーブルカー


 立山ケーブルカー(正式路線名:立山黒部貫光鋼索線)は、立山黒部アルペンルートの富山県側の最初の乗物です。立山駅(標高475メートル)から美女平駅(標高977メートル)までの1.3キロメートル(正確には1,324m)を所要7分で結んでいます。標高差は487メートルあり、平均勾配は24度(美女平駅の下辺りが傾斜がきつく、最大勾配は29度14分)です。立山ケーブルカーは、立山黒部貫光株式会社によって運営され、営業時期は4月頭から11月末までとなっています。交通機関は、立山駅で富山地方鉄道・立山線、美女平駅で立山高原バスと接続しています。車で立山駅まで来た場合は周辺に無料駐車場が幾つかあり、更に立山黒部アルペンルートを通り抜ける利用客のために長野県側の扇沢駅までのマイカー回送サービス(立山トラフィックサービス三渓社日星など)があります。また立山駅周辺には数軒の旅館(千寿荘立山館、もちだ館、千山荘など)があります。
 このケーブルカーの特徴は、他所のケーブルカーと違い、客車の下に荷物運搬用の貨車を連結しています。途中に2箇所のトンネルがあり、登り時左手には材木石の露柱(柱状節理)が見られます。
 
立山ケーブルカー(写真:2006年4月18日撮影)
立山ケーブルカー
 
立山駅で乗客を乗せるケーブルカー(写真:2006年7月26日撮影)
立山駅で乗客を乗せるケーブルカー
 
立山ケーブルカーの写真
立山ケーブルカー 立山駅
立山ケーブルカー立山駅

立山ケーブルカー美女平駅
立山ケーブルカー美女平駅

荷物運搬用の貨車
荷物運搬用の貨車

索道のケーブル
索道のケーブル

トンネル
トンネル

材木石
材木石(柱状節理)

 
立山ケーブルカーの概要
 
立山黒部アルペンルート
 
ページ先頭(立山黒部アルペンルート:立山ケーブルカー)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.