いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 高岡御車山祭 > 守山町の御車山

幔幕


守山町の山車の幔幕(まんまく)のデザインは四季波頭涛文様を金絲で刺繍した「緋羅紗地暈繝波壽模様・絹糸刺繍一部金糸隈取」です。簡単に書くと波の模様です。金沢に生まれ江戸時代後半に京都で活躍した虎絵で有名な「岸駒(がんく)」の下絵と伝えられています。また、守山町には昔の幔幕である「亀甲錦 鳳凰つづれ合せ唐織桃山裂」が保存されています。
 
幔幕:山車正面
幔幕
 
幔幕:山車左面
山車左面
 
幔幕:山車右面
山車右面
 
幔幕:山車背面
山車背面
 
守山町の山宿に飾られた昔の幔幕
昔の幔幕
 
守山町の山宿に飾られた昔の幔幕:亀甲錦 鳳凰つづれ合せ唐織桃山裂
亀甲錦 鳳凰つづれ合せ唐織桃山裂
 

 
ページ先頭(守山町の山車:幔幕)へもどる。
御車山祭 山車 幔幕

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.