いこまいけ高岡 > 氷見市 > 上日寺

大イチョウ

いこまいけ高岡

 上日寺の大イチョウ(大公孫樹、国指定天然記念物)は、樹高36メートル、幹周り12メートルあり、大きさとしては日本有数のイチョウです。4月下旬頃に雌しべが開き、秋には1000リットルあまりの実を結びます。地上3~5メートルの辺りから無数の気根が垂れているのがこのイチョウの特徴です。気根の先端が削られているのは、民間信仰として乳の出ない母親が乳が出るように祈り木を削り煎じて飲んだためです。国指定天然記念物(大正15年10月20日指定)です。
 
若葉が芽吹いたばかりの大イチョウ(写真:2009年4月17日撮影)
大イチョウ
若葉
若葉
根元
根元
 

 
ページ先頭(上日寺:大イチョウ)へもどる。
上日寺

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.