いこまいけ高岡 > 金沢市 > 金沢城

橋爪門続櫓

いこまいけ高岡

 橋爪門続櫓(はしづめもんつづきやぐら)は、二の丸の正門である「橋爪一の門」を見下ろす位置にあり、三の丸広場から「橋爪橋」を渡り、「橋爪一の門」を通って二の丸へ向かう人々を監視するための重要な櫓で、「橋爪櫓」とも呼ばれていました。続櫓の中央には、物資を2階へ荷揚げするための大きな吹抜けが造ってありました。「橋爪門」も、石川門と同様、かつては枡形門となっていました。
 
写真中央下が橋爪橋、橋の先の門が橋爪一の門、中央の建物が橋爪門続櫓、右手の少し見えるのが五十間長屋です。
橋爪門続櫓
 
橋爪門続櫓地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「橋爪門続櫓」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に橋爪門続櫓の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢城の見所  
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.