いこまいけ高岡 > 金沢市 > 金沢城

三十間長屋

いこまいけ高岡

 三十間長屋(さんじっけん ながや)は、二階二層の多聞櫓です。宝暦の大火(1759年)で焼失したあと、長い間再建されませんでしたが1858年(安政5年)に再建された建物です。元々は、食器類を納めた倉庫として使用されていましたが、江戸時代後期には武器・弾薬を保管していたと伝えられています。「三十間長屋」という名前ですが、現在の建物の長さは26間半(48メートル)です。1957年(昭和32年)に国の重要文化財に指定されました。
 
三十間長屋
 
三十間長屋地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「三十間長屋」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に三十間長屋の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
三十間長屋 写真
金場取り残し積みの石垣
石垣
階段
階段
出入り口
出入り口
海鼠壁(なまこかべ)
海鼠壁
側面
側面
裏側(北面)
裏側
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢城の見所  
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.