いこまいけ高岡 > 金沢市 > 金沢城

辰巳櫓跡

いこまいけ高岡

 辰巳櫓跡(たつみ やぐらあと)は、本丸の東南角「辰巳の方角」にあったことから辰巳櫓(たつみやぐら)と呼ばれていました。長屋を備えた立派な櫓が建っていましたが、1759年の宝暦の大火で焼失し、その後再建されていません。櫓を支えた石垣は明治時代の石垣改修により改変され、あまり残っていません。
 辰巳櫓跡の下には広坂緑地があり、その向こうには円形の金沢21世紀美術館が見えます。左手には兼六園、右手に広がるのが金沢の中心市街地(香林坊)です。
 
辰巳櫓跡
 
辰巳櫓跡地図、オレンジ色のバルーンアイコンが「辰巳櫓跡」の場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に辰巳櫓跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭へもどる。
金沢城の見所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.