いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 大原

来迎院


 来迎院(らいごういん)は、天台宗の寺院で、山号は「魚山(ぎょざん)」です。平安時代前期の仁寿年間(851年から854年)に円仁(えんにん、慈覚大師)が唐で学んだ梵唄(ぼんばい、梵語の仏教歌謡)など声明(しょうみょう)の修練道場として創建したのが来迎院の始まりです。その後、平安時代末期に融通念仏の開祖・良忍上人が寺を再興し、来迎院に始まる声明を完成させました。この声明は、「魚山流」と呼ばれ、天台声明の根本道場として栄えました。
 来迎院の本堂は、室町時代後期の天文年間(1532年 - 1555年)に再建されたもので、藤原時代の薬師如来・阿弥陀如来・釈迦如来の三尊仏(国重文)が安置されています。境内北東隅の律川を渡った場所にある御廟の三重石塔は、良忍の墓と伝えられ、国の重要文化財に指定されています。また寺宝としては、伝教大師(最澄)の得度や受戒に関する文書類3点を一巻とした伝教大師度縁安並僧綱牒(でんぎょうだいし どえんあん ならびに そうごうちょう、国宝)、東京国立博物館に寄託)、日本霊異記 中下 2帖(国宝、京都国立博物館に寄託)、来迎院如来蔵聖教文書類(国重文)などがあります。
 山門から山道を350メートルほど登った場所には「音無の滝」があります。ここ滝は、良忍上人所縁の滝で、良忍が声明を唱えていると、声明の音律と滝の音が融合し、水音が消えたと伝えられています。
 
来迎院(写真:2009年10月29日撮影)、山門
来迎院
 
来迎院 地図(Map of Raigo-in Temple, Ohara, Kyoto)、来迎院 境内地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に来迎院の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:京都府京都市左京区大原来迎院町537
 
来迎院と周辺の観光名所
1. 来迎院
2. 遮那院
3. 浄蓮華院
4. 蓮成院
5. 勝手神社
 

 
京都 大原の観光名所
三千院寂光院音無の滝来迎院勝林院実光院宝泉院浄蓮華院蓮成院天台宗 大原念佛寺勝手神社後鳥羽・順徳天皇 大原陵建礼門院 大原西陵朧の清水同志社大学 農縁館民宿 大原の里民宿 大原山荘
ページ先頭(京都大原:来迎院)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.