いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 長野県 観光案内 > 長野市 > 善光寺

善光寺 鐘楼


 善光寺の鐘楼は、江戸時代末期の嘉永6年(西暦 1853年)に再建された檜皮葺き屋根の鐘楼です。鐘楼に吊るされている梵鐘は江戸時代前期の寛文7年(1667年)の鋳造であ、国の重要美術品に指定されています。現在も毎日午前10時から午後4時の毎正時に鐘が撞かれ長野市街に時を知られせています。1998年(平成10年)2月に開催された長野オリンピックでは、開会を告げる鐘としてこの善光寺の梵鐘が撞かれました。
 
善光寺 鐘楼(写真:2016年5月19日7時16分撮影)
善光寺 鐘楼
 
善光寺 鐘楼 地図
 
地図データ 読み込み中 .......
 
ポップアップWindowが開き「GoogleマップAPI・・・」と表示される場合は、
こちらの「善光寺 鐘楼地図」をクリックし再読み込みを行って下さい。
 
この場所に長野県長野市にある善光寺 鐘楼の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
善光寺 鐘楼と周辺の伽藍
  1. 鐘楼
2. 駒返り橋
3. 「六地蔵」と「ぬれ仏(延命地蔵)」
4. 善光寺 大勧進
5. 山門(三門)
6. 善光寺 本堂
  7. 授与品所
8. 経蔵
9. 歴代回向柱納所
10. 爪彫如来
11. 日本忠霊殿・善光寺史料館
12. 大本願廟所
 
梵鐘(写真:2016年5月19日7時17分撮影)

 
長野五輪の記念碑(写真:2016年5月19日7時17分撮影)、「長野オリンピックは善光寺の鐘とともに始まった」と書かれた記念碑

 

 
善光寺の見所案内
善光寺本堂(国宝)、 山門(重文)、 経蔵(重文)、 日本忠霊殿・善光寺史料館鐘楼境内地図
ページ先頭(善光寺:鐘楼)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.