いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良 > 近代建築物

赤膚山元窯


 赤膚山元窯 展示室及び旧作業場(明治後期の建築)は、奈良市西部の丘陵地に位置しています。桁行12間、梁間3間規模の切妻造、東西棟で、東南隅に茶室を突出し、南面及び西面には庇を架ける。真壁造とし、当初作業場として使われた西半部分には格子窓が設けられています。居住空間と窯を結ぶ敷地の要となる建造物です。大型窯(江戸末期の築造)は、敷地北側の傾斜地を利用して南北方向に築かれています。2連の胴木間と8房の焼成室が連なり最上部に煙道を設ける連房式登窯です。奥行18メートル、幅5.4メートル、高さ6メートルの規模で、煉瓦造とし、表面を塗土で仕上げています。勾配は3寸、上部で緩勾配に変化しています。近世に遡る大規模な登窯です。中型窯(1951年頃(昭和26年頃)の築造)は、大型窯とほぼ並列して築かれています。焚き口となる胴木間と5房の焼成室が連なる連房式登窯で、奥行9.7メートル、幅3.3メートル、高さ4.4メートルの規模があります。煉瓦造とし、表面は塗土で仕上げています。規模は異なりますが、近世に築かれた大型窯と同様の構法を用いて築かれています。
 
赤膚山元窯 地図(中央のポインターの場所が赤膚山元窯です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に赤膚山元窯の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市赤膚町1049他
 

 
ページ先頭(奈良県奈良市の近代建築:赤膚山元窯)へもどる。
奈良の近代建築


Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.