いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良 > 近代建築物

旧JR奈良駅


 旧JR奈良駅は、奈良駅としては2代目の駅舎で、大阪鉄道管理局工務課の柴田四郎(主任技師)と増田誠一(担当技師)により設計され、1908年(明治41年)に竣工しました。 鉄筋コンクリート造2階建てではありますが、屋根は瓦葺で、頭頂部に相輪があり、その上には水煙もある古都奈良に相応しい外観となっています。奈良駅周辺の高架化工事のため、 2004年(平成16年)5月に曳家方式により北へ約18メートル移動されました。
 
旧JR奈良駅(写真:2008年11月10日撮影)
旧JR奈良駅
 
旧JR奈良駅 地図(中央のポインターの場所が旧JR奈良駅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に旧JR奈良駅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市三条本町
 
旧JR奈良駅の写真
相輪
相輪
水煙
水煙
左翼壁面
左翼壁面
壁面装飾
壁面装飾
 

 
ページ先頭(奈良の近代建築:旧JR奈良駅)へもどる。
奈良の近代建築
 


Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.