いこまいけ高岡 / 奈良編
いこまいけ高岡 > 奈良 > 近代建築物

粉川家住宅


 粉川家住宅は、上海で油脂業を営んだ粉川廣吉が建設した住宅で、奈良市街地東端辺りに位置しています。主屋(1923年(大正12年)建築)は、敷地中央東半に位置し、北に座敷棟、西に玄関棟、南に台所棟をコ字形に配されています。座敷棟は入母屋造桟瓦葺のつし2階建で、軒先に銅板を葺いた下屋庇をまわし、西北の眺望を配慮し雁行形としています。内外とも上質な近代和風住宅の好例となっています。離れは、敷地南辺に位置する表門の東方に東西棟で建つ門長屋です。桁行6間半梁間2間、寄棟造桟瓦葺の平屋建で、当初は西側3間半を使用人の住居、東側3間を納屋としていました。真壁造で、腰は下見板張、上部は白漆喰塗とし、通りから望見できる西面には格子の出窓が設けられています。土蔵は、主屋台所棟の南方、離れの北方に南北棟で建っています。桁行6.0メートル梁間4.0メートル、切妻造本瓦葺の2階建で、西面から南面に下屋庇をまわし、南面は便所、西面は蔵前としています。西面中央に戸口、1階北面と2階南・北面に窓を開け、凝った意匠の窓庇が付けられています。
 
粉川家住宅 地図(中央のポインターの場所が粉川家住宅です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に粉川家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市高畑町1211
 

 
ページ先頭(奈良県奈良市の近代建築:粉川家住宅)へもどる。
奈良の近代建築


Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.