いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社 > 上の禰宜道

春日大社 細殿・神楽殿

いこまいけ高岡

 若宮神社の細殿・神楽殿は、1135年(保延元年)に創建された建物(桁行10間・梁間4間)で、国の重要文化財に指定されています。この建物は、北から三間を細殿(ほそどの)、一間を御廊(おろう)、六間を神楽殿(かぐらでん)とし、三つの建物で一棟を構成しています。平安時代末期の寝殿造りの様式を残しています。諸祭典においては、春日大社に伝わる神楽がこの場所で奉納されます。
 
春日大社 細殿・神楽殿(写真:2009年10月24日撮影)
春日大社 細殿・神楽殿
建物北面
建物北面
建物南面
建物南面
建物西面
建物西面(背面)の戸口と石段
細殿の内部
細殿の内部
 
春日大社 細殿・神楽殿 地図(Map of Wakamiya-jinja Shrine Hosodono and Kaguraden, Kasuga-taisha Shrine)、地図中の赤線は御間道、青線は上の禰宜道、緑線は奥の院道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に春日大社にある細殿・神楽殿の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 細殿・神楽殿
  2. 三輪神社
  3. 兵主神社
  4. 南宮神社
  1. 拝舎
  2. 若宮神社
  3. 若宮大楠
  4. 夫婦大国社
  1. 広瀬神社
  2. 赤乳神社白乳神社遥拝所
  3. 葛城神社
 

 
ページ先頭(春日大社:細殿・神楽殿)へもどる。
春日大社 上の禰宜道
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.