いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社 > 上の禰宜道

春日大社 金龍神社

いこまいけ高岡

 金龍神社(きんりゅう じんじゃ)は、福の神12社巡り 第11番納札社です。祭神は、開運・財運の守護神とされる「金龍大神(きんりゅうのおおかみ)」です。例祭は8月25日です。金龍神社の創建は、1331年(元弘元年)の元弘の変(後醍醐天皇による鎌倉幕府の倒幕計画)の時に、計画が露見し、幕府の追手を逃れるため後醍醐天皇が笠置山(現在の京都府相楽郡笠置町)へ逃れる際に春日社へ参り、一面の鏡を奉安され、天下泰平の祈祷を行ったことに由来します。禁裡(きんり=宮中)の御鏡を奉安したことから、この地を禁裡殿とも呼んでいます。
 
春日大社 金龍神社(写真:2009年10月24日撮影)
春日大社 金龍神社
 
春日大社 金龍神社 地図(Map of Kinryu-jinja Shrine, Kasuga-taisha Shrine)
地図中の青線は上の禰宜道、緑線は奥の院道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に春日大社にある金龍神社の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 金龍神社
  1. 三十八所神社
  1. 佐良気神社
 

 
ページ先頭(春日大社:金龍神社)へもどる。
春日大社 上の禰宜道
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.