いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社 > 上の禰宜道

春日大社 若宮大楠

いこまいけ高岡

 若宮大楠(わかみや の おおくす)は、奈良県内有数の巨樹(樹高24メートル、幹周11.46メートル)です。もとは三本の苗木であったものが生長に伴い合着したものといわれ、神功皇后(第14代仲哀天皇の皇后、三韓征伐で有名)のお手植えとの伝承があります。記録によれば、1719年(享保4年)の大雪で幹上部が折れ、現在のような低い樹形になったとされています。
 
春日大社 若宮大楠(写真:2009年10月24日撮影)
春日大社 若宮大楠
 
大楠の幹上部
大楠の幹上部
 
春日大社 若宮大楠 地図(Map of Wakamiya-no-okusu(Cinnamomum camphora), Kasuga-taisha Shrine)、地図中の赤線は御間道、青線は上の禰宜道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に春日大社にある若宮大楠の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 若宮大楠
  2. 本宮神社遥拝所
  3. 三輪神社
  1. 兵主神社
  2. 南宮神社
  3. 細殿・神楽殿
  1. 拝舎
  2. 若宮神社
  3. 広瀬神社
 

 
ページ先頭(春日大社:若宮大楠)へもどる。
春日大社 上の禰宜道
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.