いこまいけ高岡 > 奈良県 > 佐保路

不退寺

いこまいけ高岡

 不退寺(ふたいじ)は、9世紀中頃(伝 承和12年(845年))仁明天皇の勅願により在原業平が開基したとされる真言律宗のお寺です。不退寺の正式名は「金龍山 不退転法輪寺」、別名「業平寺」と呼ばれています。不退寺の伽藍としては、南北朝時代から室町時代前期に建立された本堂(重要文化財)、鎌倉時代末期(1317年(正和6年))に建立された南門(重要文化財)、鎌倉時代に建立された多宝塔(初層のみ現存、重要文化財)、江戸時代に建てられた庫裏があります。本尊は、木造聖観世音菩薩立像(重要文化財)です。
 
不退寺地図(Map of Futai-ji Temple)、不退寺詳細地図(境内)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に不退寺の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒630-8113 奈良県奈良市法蓮東垣内町517
 

 
ページ先頭(奈良観光名所:不退寺)へもどる。
奈良観光名所
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.