いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 富山市 > 富山市ファミリーパーク

ニホンカモシカ


ニホンカモシカは、低山地から亜高山帯にかけてのブナやミズナラなどからなる落葉広葉樹林や混交林などに生息しています。縄張りは、10ヘクタールから50ヘクタールの広さがあり単独で生活し、異性間では比較的寛容ですが、同性が縄張りに侵入すると角を突き合わせて争ったり追い出します。ニホンカモシカの毛皮は、防寒・防水・保温に優れているため、毛皮・靴・手袋・敷き皮などに使われてきました。また山間地では貴重なタンパク源として食用にされてきました。
ニホンカモシカ(写真:2011年3月29日撮影)
ニホンカモシカ
 
寒さに縮こまるニホンカモシカ(写真:2014年3月16日撮影)
寒さに縮こまるニホンカモシカ
 
富山市ファミリーパーク カモシカ園 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に カモシカ園の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
地図の赤マーカーがニホンカモシカの飼育されている場所です。ニホンカモシカは、タンチョウと同じ場所で飼育されています。
 

 
富山市ファミリーパークで飼育されている動物
アムールトラアミメキリングレビーシマウマフンボルトペンギンチリフラミンゴニホンカモシカシンリンオオカミシセンレッサーパンダツシマヤマネコニホンザルタンチョウマナヅルオオワシコウノトリスバールバルライチョウ園内地図
ページ先頭(富山市ファミリーパーク:ニホンカモシカ)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.