いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 富山市 > 富山市ファミリーパーク

マナヅル


マナヅルは、夏に中国北東部、モンゴル北東部、ロシア南東部アムール川の湿原で繁殖し、冬に日本、朝鮮半島、長江下流域ヘ南下し越冬します。日本へは、主に鹿児島県の出水平野に越冬のため飛来します。出水平野は、1952年に「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として国の特別天然記念物に、1987年には「出水・高尾野鳥獣保護区」として国の自然保護区に指定されています。マナヅルの全身は灰色や暗灰色の羽毛で被われ、頭頂から喉や後頸にかけて白い羽毛で被われています。眼の周囲から嘴にかけて羽毛が無く、赤い皮膚が露出しています。
マナヅル(写真:2011年3月29日撮影)
マナヅル
 
マナヅルの顔(写真:2014年3月16日撮影)
マナヅルの顔
 
仲良く歩くマナヅルのペア(写真:2014年3月16日撮影)
仲良く歩くマナヅルのペア
 
富山市ファミリーパーク カモシカ園 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に カモシカ園(マナヅルの飼育場所)の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
地図の赤マーカーがマナヅルの飼育されている場所です。マナヅルは、ニホンカモシカタンチョウと同じ場所で飼育されています。
 

 
富山市ファミリーパークで飼育されている動物
アムールトラアミメキリングレビーシマウマフンボルトペンギンチリフラミンゴニホンカモシカシンリンオオカミシセンレッサーパンダツシマヤマネコニホンザルタンチョウマナヅルオオワシコウノトリスバールバルライチョウ園内地図
ページ先頭(富山市ファミリーパーク:マナヅル)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.