いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 富山市 > 富山市ファミリーパーク

ツシマヤマネコ


ツシマヤマネコは、約10万年前に大陸から渡ってきたと考えられ、アジアに生息するベンガルヤマネコの亜種であるアムールヤマネコの変種です。夕方から夜間に活動し、ネズミなど小型哺乳類や両生類・爬虫類・昆虫などを餌としています。イエネコよりやや大柄で、四肢が短く、尾は太く、耳の裏側にある白班がツシマヤマネコの特徴となっています。1960年頃には対馬には300頭以上いましたが、現在では100頭前後まで減少しています。ツシマヤマネコは、1971年に国の天然記念物、1994年に国内希少野生動物種に指定され、日本版レッドデーターブックで最も絶滅の恐れの高い「絶滅危惧IA類(CR)」に分類されています。富山市ファミリーパークでは、2007年からオスとメスの一対が飼育されています。
ツシマヤマネコ(写真:2014年3月16日撮影)
ツシマヤマネコ
 
ツシマヤマネコ(写真:2011年3月29日撮影)
ツシマヤマネコ
 
富山市ファミリーパーク ヤマネコ舎 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所にヤマネコ舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
地図の赤マーカーがツシマヤマネコの飼育されている場所です。
 

 
富山市ファミリーパークで飼育されている動物
アムールトラアミメキリングレビーシマウマフンボルトペンギンチリフラミンゴニホンカモシカシンリンオオカミシセンレッサーパンダツシマヤマネコニホンザルタンチョウマナヅルオオワシコウノトリスバールバルライチョウ園内地図
ページ先頭(富山市ファミリーパーク:ツシマヤマネコ)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.