いこまいけ高岡、富山市八尾
いこまいけ高岡 > 富山市 > 八尾 > 八尾曳山祭 > 西町曳山

西町曳山 屋根「八つ棟」


西町曳山の屋根は、八つ棟になっています。入母屋破風と唐破風の2種類の破風があります。1771年(明和8年)に御神体を城端西上町から譲り受けた後に、それまで花山屋台であった曳山を改め、棟覆いのある曳山を建造しました。1874年(明治7年)には屋根に4尾の鯱(シャチ)が飾られました。現在の屋根を飾っている鯱は、1992年(平成4年)に井波町(現在の南砺市)の番匠屋16代 田村与八郎が製作しました。
西町曳山 屋根
 
棟飾り:鯱
鯱
 
破風の妻飾り彫刻(曳山正面):虎
虎
 
破風の妻飾り彫刻(曳山背面):虎
虎
 

 
ページ先頭(西町曳山:屋根)へもどる
八尾曳山の屋根

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.