いこまいけ高岡、富山市八尾
いこまいけ高岡 > 富山市 > 八尾 > 八尾曳山祭 > 上新町曳山

上新町曳山 屋根「軒唐破風入母屋屋根」


 上新町曳山の屋根は、軒唐破風入母屋屋根で棟上鳳凰となっています。6基ある八尾曳山の中で、屋根に造形物があるのはこの上新町曳山だけです。屋根上の大きな鳳凰は、翼を広げた金仕上げで、明治20年(1887年)に上新町の翠田彦七郎(山中彦七郎)によって製作されました。鳳凰は、徳の高い人物が天下を治める時(つまり天下泰平)や優れた知性を持つ人が生まれた時に現れる瑞鳥(空想上の鳥)とされています。
 
上新町曳山 屋根
 
棟上の鳳凰
鳳凰
 
破風の妻飾り彫刻(曳山背面):龍
龍
 

 
ページ先頭(上新町曳山:屋根)へもどる。
八尾曳山の屋根

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.