いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 高岡の祭り > 高岡御車山祭 > 守山町の御車山

鉾留


 守山町山車の鉾留は、金箔塗り叩地仕上げの「五鈷鈴(ごこれい)」です。
 五鈷鈴は、密教法具の一つです。元々は、古代インドの武器の一つで両方の先端が尖った金属棒です。密教では独鈷杵(とっこしょ)と呼ばれます。金剛杵(こんごうしょ)には、独鈷杵・三鈷杵(さんこしょ)・五鈷杵(ごこしょ)・宝珠鈴(ほうじゅしょ)があります。密教では行者の身を護る法具として使用されています。金剛杵の他には、杵形(きねがた)の持ち手をつけた鈴、金剛鈴(こんごうれい)があります。金剛鈴には、独鈷鈴・三鈷鈴(さんこれい)・五鈷鈴・宝珠鈴(ほうじゅれい)・宝塔鈴(ほうとうれい)があります。なお守山町の山車の鉾留「五鈷鈴」は、実際に密教で使用される五鈷鈴と多少異なる形です。
 
守山町の鉾留 五鈷鈴(写真:2009年5月1日撮影)
守山町 鉾留
 
五鈷鈴(錫杖)を標識(鉾留)とする曳山
高岡御車山・守山町伏木曳山・本町新湊曳山・奈呉町
 

 
ページ先頭(守山町の山車:鉾留)へもどる。
御車山祭 山車 鉾留

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.