いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 山町筋 > 木舟町

筏井家住宅


 山町筋の筏井家(いかだいけ)は、代々 糸などの卸商を営んでいた商家です。明治33年(1900年)の高岡大火で罹災し、明治36年に現在の家屋が再建されたことが普請文書に残っています。大工は石塚嘉平、左官は山谷長次郎とこの記録に残っています。
 主屋は道路に面して西向きに建ち、両隣の家との境にレンガ積みの防火壁があります。北側の防火壁に沿って主屋と土蔵を結ぶ通り土間、南側の防火壁に沿って主屋と客間の便所を結ぶ土庇が設けられています。
 主屋は土蔵造り2階建て、平入りの町屋です。外観は黒漆喰仕上げです。山町筋の近所でもある菅野家住宅と似た外観です。屋内の間仕切りは、通り土間形式で道路側に「店の間」「店座敷」、中間部に「茶の間」「座敷」、奥に「控えの間」「茶室」「床の間」が並び、奥庭境に土庇が付いています。2階には、道路側に「物置」、奥は縁側のついた「座敷」があります。2階の外部には、観音開きの土戸をつけた窓があります。4つの土戸を全て開くと隣同士の戸が一体化して納まるように設計された凝った作りとなっており山町筋の中でも興味深いものです。
 隣家境には、釉薬をかけたレンガと青石からなる洋風の防火壁が立ち上げられ、火災への備えに大きな注意が払われています。
 筏井家住宅は、在来の町屋に見られる伝統技法を踏襲しながらも、黒漆喰塗り壁による防火構造、洋風の構造とデザインを導入した質の高い建築物と評価され、平成10年に富山県指定有形文化財に指定されました。現在も住宅として使用されているため基本的に一般公開はされていません(道路から主屋正面がみられるだけ)。なお「山町筋のひなまつり」では特別に内部も公開されていました。
 
筏井家住宅(写真:2009年9月13日撮影)
筏井家住宅
防火壁
防火壁
鋳物の支柱
鋳物の支柱
土戸
土戸
通り土間
通り土間
チャノマの明り取り窓
チャノマの明り取り窓
庭
 
筏井家住宅 地図、橙色ポインター「1」の場所が筏井家住宅です。
地図の赤線は、土蔵造りの街並み「山町筋」です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に井波屋仏壇店の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県高岡市木舟町
最寄り駅:JR北陸本線 高岡駅、路面電車 万葉線 末広町電停または片原町電停
JR北陸本線 高岡駅から筏井家住宅までは、約800メートル(徒歩10分)です。
  1. 筏井家住宅:1903年(明治36年)建築、富山県指定有形文化財
  2. 山町筋観光駐車場
  3. 菅野家住宅:1900年(明治33年)過ぎに建築、国指定重要文化財
  4. 高岡市土蔵造りのまち資料館(旧宮崎家住宅)
  5. 赤レンガの銀行(富山銀行 本店):1914年(大正4年)建築
  6. 井波屋仏壇店:1905年(明治38年)建築、国登録有形文化財
  7. 佐野家住宅:1900年(明治33年)過ぎに建築、国登録有形文化財
  8. 高峰譲吉 生誕の地(高峰公園)
 

 
山町筋の見所
菅野家住宅赤レンガの銀行筏井家住宅土蔵造りのまち資料館井波屋仏壇店佐野家住宅守山町小馬出町木舟町高峰譲吉生誕の地山町筋のひなまつり高岡御車山祭山町筋地図
ページ先頭(山町筋:筏井家住宅)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.