いこまいけ高岡

山町筋


 高岡市街地の約600mの長さの山町筋(やまちょうすじ)には、明治時代に建てられた元商家の土蔵作りの家が42棟建ち並んでいます。この界隈は、高岡の商人町として栄えたところであり「高岡御車山祭(たかおか みくるまやま まつり)」が行われる由緒ある町として、通称「山町筋」と呼ばれています。「土蔵造りの町並み」として文化庁重要伝統建造物保存地区に指定されています。
 
高岡御車山祭りでの山町筋・菅野家住宅前(写真:2008年5月1日撮影)
山町筋
 
 山町筋の町屋としては、菅野家住宅(国指定重要文化財)と土蔵造りのまち資料館(旧宮崎家住宅)が一般公開されています。
 タカジアスターゼ(消化酵素)の発明で有名な高峰譲吉博士生誕の地(現高峰公園)には、博士の銅像が建っています。童謡「夕日(♪ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む♪)」の作曲家・宮崎琴月生誕の家が昔のまま残っています。1914年(大正3年)に東京駅を模して建築された赤レンガの銀行(富山銀行 本店)が今も現役で使われています。
 
 高岡御車山は天正16年(1588年)豊臣秀吉が、後陽成(ごようぜい)天皇と正親町(おおぎまち)上皇を聚楽第(じゅらくだい)に迎え奉るときに使用したもので、加賀藩初代藩主・前田利家が秀吉より拝領し、二代藩主・前田利長が慶長14年(1609年)に高岡城を築くにあたり、町民に与えられたのが始まりと伝えられています。京都祗園の祭礼にならって鉾山に改造され、高岡関野神社の祭礼日に神輿とともに曳廻されてより以来、御車山祭として今日に至るまで高岡の発展とともに継承されてきました。御車山は御所車形式に鉾を立てた特殊なもので、高岡町民の心意気と財力に支えられ、格式を保ち高岡の金工、漆工、染色などの優れた工芸技術の装飾が車輪や高欄(こうらん)、長押(なげし)等に施された日本でも屈指の華やかな山車です。
ホームページ:高岡 山町筋土蔵づくりの町並み
 
山町筋のイベント
山町筋の地図詳細地図
山町筋地図
住所:富山県高岡市 守山町小馬出町木舟町
行き方:JR高岡駅から徒歩10分、能越自動車 高岡インターから車で10分、菅野家住宅の向かい側に山町筋観光駐車場(約20台)があります。
 
山町筋の写真
山町筋の代表的な土蔵造りの家々と私のお気に入りの町屋
菅野家住宅
菅野家住宅

(国指定重要文化財)
筏井家住宅
筏井家住宅

(県指定有形文化財)
赤レンガの銀行
赤レンガの銀行

(富山銀行)
土蔵造りのまち資料館
土蔵造りのまち資料館

(旧 室崎家住宅)
井波屋仏壇店
井波屋仏壇店

(国登録有形文化財)
佐野家住宅
佐野家住宅

(国登録有形文化財)
山町筋防災施設
山町筋防災施設

(観光駐車場あり)
塩崎利平
塩崎利平
塚本小児科医院
塚本小児科医院
上記以外の山町筋にある町屋

 
雨晴海岸瑞龍寺高岡大仏山町筋金屋町高岡古城公園勝興寺万葉線伏木二上山吉久の町並み高岡市南部高岡市北西部福岡町神社仏閣博物館・美術館史跡祭り文化財近代建築物地図
ページ先頭(山町筋)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.