いこまいけ高岡
いこまいけ高岡

万葉線


 万葉線(まんようせん)は、高岡市(高岡駅前)と射水市(越ノ潟)を結ぶ12.8km(約40分)の路面電車(軌道幅:1067mm)です。
 万葉線の歴史は、昭和23年に富山地方鉄道(県内では略して「地鉄」)が伏木線(地鉄高岡~伏木港)を開業させたことに始まります。その後、昭和25年加越能鉄道の設立により富山県西部の地鉄路線が順次移管されていきました。昭和26年には、富山市西町~地鉄高岡間直通運転が開始しされ、海岸部を走る鉄道として住民の足として使われました。直通運転廃止の致命傷となったのは、昭和40年前後に完成した富山新港です。放生津潟の海口部を切り開くため、線路を廃止することになったのです。この切断により路線は、高岡側は高岡駅前~越ノ潟となり富山側は新港東口~富山市西町となりました。切断部分は、代行手段として県営フェリーが運航されました。昭和40年代からのモータリゼーションにより富山市側は全線が廃線となっています。線路跡は、サイクリングロードとなっています。高岡側の路線も経営が厳しく枝線は順次廃線となりましたが、高岡駅前~越ノ潟は現在も健在です。と言っても、加越能鉄道も経営が厳しく廃線を提案し話し合いの結果、平成14年に第3セクター方式の万葉線株式会社に移管され現在にいたっています。
 最近の特筆すべきことは「新型車両 MLRV1000型の導入」です。最近の流行りである超低床構造の2車体連接車でアイトラムの名前で呼ばれています。新潟トランシスが製造。
 
高岡駅前交差点を行く「万葉線 アイトラム」
万葉線の写真
 
万葉線 路線図
 
地図データ 読み込み中 ..... 
路線図が表示されたい時は、ご使用ブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで表示できる可能性があります。
 
万葉線の駅(電停)
高岡軌道線 新湊港線
1. 高岡駅前
2. 末広町(2008年3月15日新設)
3. 片原町
4. 坂下町
5. 本丸会館前
6. 広小路
7. 志貴野中学校前
8. 市民病院前
9. 江尻
10. 旭ヶ丘
11. 荻布
12. 新能町
13. 米島口
14. 能町口
15. 新吉久
16. 吉久
17. 中伏木
18. 六渡寺
19. 庄川口
20. 射水市新湊庁舎前
21. 新町口
22. 中新湊
23. 東新湊
24. 海王丸
25. 越ノ潟
 
万葉線の写真
万葉線 アイトラム
越ノ潟駅のアイトラム
越ノ潟駅のアイトラム
踏み切り
踏み切り
ロゴマーク
ロゴマーク

Manyosen
MLRV1000形
MLRV1000形

(MLRV1002-A・B)
出発進行
越ノ潟駅
万葉線 旧型電車
デ7070形
デ7070形(7076)
街中の路面電車
ねこ電車
ねこ電車

デ7070形(7072)
ねこ電車の顔
ねこ電車の顔

イオン高岡ショッピングセンター
イオン高岡
(7062)
越中一宮 高瀬神社越中一宮 高瀬神社
デ7070形(7076)
コカコーラ
コカコーラ
青いペイントの電車
大交流時代の未来に
はばたく伏木富山港
新庄川橋
新庄川橋
 

 
高岡観光名所
雨晴海岸瑞龍寺高岡大仏山町筋金屋町高岡古城公園勝興寺万葉線伏木二上山吉久の町並み高岡市南部高岡市北西部福岡町神社仏閣博物館・美術館史跡祭り文化財近代建築物地図
ページ先頭(万葉線)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.