いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 瑞龍寺 > 法堂

法堂 扁額


長廊下と外陣の間の鴨居上の「瑞龍寺」と書かれた扁額が掲げられています。筆者は、隠元隆g(いんげん りゅうき、黄檗宗の開祖)です。能書家として知られ、「黄檗の三筆」とされる人物です。また、インゲンマメは、この隠元隆gによって中国から伝来されたと云われています。
 
法堂 扁額
 

 
瑞龍寺 法堂の見所
天井絵内陣欄間書院・上段の間なでぼとけ前面の板廊下太鼓扁額軒唐破風の蟇股
ページ先頭(瑞龍寺法堂:扁額)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.