いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 瑞龍寺

瑞龍寺 法堂


 瑞龍寺の法堂(はっとう)は、国宝(平成9年国宝指定)です。明暦年間(1655年~1657)に竣工されたもので瑞龍寺の伽藍の中では最も大きな建物(建坪186坪)で総檜造りです。屋根は、入母屋屋根(上部に切妻屋根、下部に寄棟屋根)の銅葺きで、正面中央が軒唐破風となっています。
 建物は、方丈に書院造を加味した形態になっています。法堂には6室あり、中央奥に仏壇と大間のある内陣があり、左側には書院・上段の間があります。中央部の2室の天井は格子天井になっており、狩野安信による草花の絵が描かれています。また内陣の襖およぴ壁は、金箔押しとなっています。前面にはかなり広い板廊下があり、土間には「おびんずる様(なでぼとけ)」が置かれています。
 
法堂
天井絵
天井絵
内陣
内陣
欄間
欄間
書院・上段の間
書院・上段の間
なでぼとけ
なでぼとけ
前面の板廊下
前面の板廊下
太鼓
太鼓
扁額
扁額「瑞龍寺」
軒唐破風の蟇股
軒唐破風の蟇股
 

 
瑞龍寺の見所
総門山門回廊禅堂大庫裏仏殿大茶堂法堂鐘楼石廟拝観受付所放生池文化財保存館瑞龍寺ライトアップ2007瑞龍寺ライトアップ2006瑞龍寺地図八丁道前田利長墓所
ページ先頭(瑞龍寺:法堂)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.