いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 瑞龍寺

八丁道


 八丁道(はっちょうみち)は、瑞龍寺から前田利長公墓所まで続く石燈籠の建ち並ぶ石畳の参道です。丁(町)は、江戸時代まで使用された長さの単位で、1町=109.09メートルです。八丁道なので、約870メートルとなります。江戸時代初期にこの道が造成された時には、道幅が15間(約27.3メートル)もあり、両側には舞子浜から移植した老松が植えられていたそうです。高岡を守る防御ラインの役目もになっていたようです。
 
瑞龍寺へ続く八丁道(写真:2009年5月1日撮影)
八丁道
前田利長之像
前田利長之像
まちの駅たかおか
まちの駅たかおか
石灯籠
石灯籠
 
八丁道 地図、地図中の赤線が八丁道です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に八丁道の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 瑞龍寺
  2. 前田利長之像
  3. まちの駅たかおか
  4. 瑞龍寺・八丁道第一観光駐車場
  5. 繁久寺
  6. 前田利長墓所
 

 
瑞龍寺の見所
総門山門回廊禅堂大庫裏仏殿大茶堂法堂鐘楼石廟拝観受付所放生池文化財保存館瑞龍寺ライトアップ2007瑞龍寺ライトアップ2006瑞龍寺地図八丁道前田利長墓所
ページ先頭(瑞龍寺:八丁道)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.