いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 新町 曳山

王様

いこまいけ高岡

新町曳山の王様は、「神功皇后(じんぐうこうごう)と武内宿禰(たけのうちすくね)」です。古文書によれば1788年(天明8年)には王様は三体との記録があり、1842年(天保13年)の記録では現在と同じ二体になっています。神功皇后と武内宿祢が王様であることからもう一体は応神天皇であったと考えるのが妥当です。
 
新町曳山の王様(写真:2009年10月1日撮影)
左の人形が「軍配を持つ武内宿禰」、右の人形が「弓を持つ神功皇后」
新町の王様
 
武内宿禰
武内宿禰
神功皇后
神功皇后
武内宿禰
武内宿禰の胴の意匠:龍
ウサギ
神功皇后の胴の意匠:ウサギ
 
神功皇后と武内宿禰を祭神としている曳山
八尾曳山・諏訪町(神功皇后、武内宿禰と応神天皇)、 石動曳山・中新田町(武内宿禰と応神天皇)、 新湊曳山・新町
 

 
ページ先頭(新町曳山:王様)へもどる。
新湊曳山 王様
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.