いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 荒屋町 曳山

殊連

いこまいけ高岡

荒屋町曳山の殊連は、仙人の彫刻です。「鯉乗り仙人(琴高)」「大鳥仙人(蕭史)」「琴弾き仙人(伯牙仙人)」「角振り仙人」「杖仙人(李鉄拐)」「瓢箪から駒仙人(張果老)」「蛙仙人」「波乗り仙人(呂洞賓)」と呼ばれる仙人群像です。これらの彫刻は南砺市井波にある瑞泉寺・山門の蟇股をモデルに製作されました。昔の荒屋町曳山の殊連は「鶏」が彫刻されていました。
 
荒屋町曳山 殊連(写真:2009年10月1日撮影)、曳山右面:「波乗り仙人」と「蛙仙人」
荒屋町 殊連
 
曳山左面の殊連:「杖仙人」と「瓢箪から駒仙人」
曳山左面の殊連
 
曳山正面の殊連:「鯉乗り仙人」と「大鳥仙人」
曳山正面の殊連
 
曳山背面の殊連:「角振り仙人」と「琴弾き仙人」
曳山背面の殊連
 

 
ページ先頭(荒屋町曳山:殊連)へもどる。
新湊曳山 殊連
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.