いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 長徳寺 曳山

殊連

いこまいけ高岡

長徳寺曳山の殊連は、正面が「桜に雉」、左側面が「梅におしどり」、右側面が「芦に鵜」、背面が「柳に孔雀」の極彩色仕上げの彫刻になっています。殊連全体としては、四隅に老松の金具が張られ、極彩色仕上げの彫刻の周辺は黒漆塗り、上下に雲型金具があります。
 
長徳寺曳山 殊連(写真:2009年10月1日撮影)、左側面の「梅におしどり」
長徳寺 殊連
 
曳山左面 殊連:梅におしどり
曳山左面 殊連
 
曳山右面 殊連:芦に鵜
曳山右面 殊連
 
曳山正面 殊連:桜に雉
曳山正面 殊連
 
曳山背面 殊連:柳に孔雀、判りにくい写真しかありませんが「孔雀」というよりは「おしどり」に見えます。
曳山背面 殊連
 

 
ページ先頭(長徳寺曳山:殊連)へもどる。
新湊曳山 殊連
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.