いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 紺屋町 曳山

殊連

いこまいけ高岡

紺屋町曳山の殊連は、金箔の額に堆朱で「瓢箪から駒」などの仙人の図が彫られています。額の下は同じく堆朱の「稲妻文」の桁があり、更に下には黒漆塗りの雲文沈金の木鼻が並んでいます。額の上の桁には和歌を題材とした高肉彫金金具が張られています。
 
紺屋町曳山 殊連(写真:2009年10月1日撮影)、曳山右面の殊連
紺屋町 殊連
 
曳山左面 殊連:瓢箪から駒(張果老
瓢箪から駒
 
曳山右面 殊連:梅と仙人と唐子。殊連は仙人で統一されているので、この彫刻も仙人だとは思いますが誰だかは特定出来ません。たぶん中央左よりの空間にキーとなる彫刻がかつて有ったのだと思います。
曳山右面 殊連
 

 
ページ先頭(紺屋町曳山:殊連)へもどる。
新湊曳山 殊連

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.