いこまいけ高岡 > 射水市 / 富山の曳山祭り > 新湊曳山祭り

紺屋町 曳山


紺屋町(こんやまち)の曳山は、創建が1789年(寛政元年)、1877年(明治10年)に大門川原町に曳山を譲渡し、1880年(明治13年)に新造されました。山体や彫刻など製作全てを町内の名匠 高瀬竹之助一門が行ないました。また、上山の塗装は、1933年(昭和8年)に竹内武吉が完成させました。
紺屋町の曳山写真
紺屋町曳山の全景
紺屋町曳山
紺屋町提灯山
紺屋町提灯山
標識:振鼓
振鼓
王様:日本武尊
日本武尊
鏡板:鉄拐仙人
鉄拐仙人
高欄
高欄
幔幕:緋羅紗、波濤に燕
緋羅紗、波濤に燕
車輪:板車
板車
殊連
殊連
殊連下の欄間
殊連下の欄間
長手
長手
前人形:巫女人形
榊と巫女鈴を持つ巫女
金具
金具
土台の化粧板
土台の化粧板
花傘
花傘
心柱
心柱
 

 
ページ先頭(新湊曳山祭り:紺屋町 曳山)へもどる。
新湊曳山
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.