いこまいけ高岡 > 射水市 / 富山の曳山祭り > 新湊曳山祭り

中町 曳山


中町の曳山は、創建が1692年(元禄5年)、1771年(明和8年)の祭礼の時に大破し、1796年(寛政8年)に町年寄役であった四十物塩問屋の松屋武兵衛の主導により再建され、1852年(寛永5年)に下山部分を修理、昭和20年以降に数度修理されています。この中町曳山は、「オカグラ式回転山」とも呼ばれ、最上段の王様の乗る蓬莱山に見たてられる上山が回転します。この様な形式の曳山は、富山県内では唯一の曳山でかなりレアな存在です。
中町(なかまち)の曳山写真
中町曳山の全景
中町曳山
中町提灯山
中町提灯山
王様:寿老人と松鶴
寿老人と松鶴
前人形:唐子人形4体
男女の唐子人形4体
高欄
高欄
鏡板:雲に鳳凰
鳳凰と枯木の老松
幔幕:御簾
御簾
車輪:輻車
車輪
殊連
殊連
殊連下の欄間
殊連下の欄間
長手
長手
土台の化粧板
土台の化粧板
金具
金具
 

 
ページ先頭(新湊曳山祭り:中町 曳山)へもどる。
新湊曳山
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.