いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 中町 曳山

高欄

いこまいけ高岡

中町曳山の高欄の写真です。中町の曳山は、全国的に見ても珍しい構造で、最上段にある上山が360度回転します。この上山は、蓬莱山見立てられ天上界を表しています。上山高欄は須弥山の基台を備え王様である寿老人が立ち、鶴と松が配され仙境を表しています。上山高欄の下部にある人形の置かれた中山は、地上界を意味しています。男女4体の唐子人形が中山で輪舞しています。上山を支える心柱は、碧玉と「寿」と大書きされた6面石で隠されています。「男女の唐子」「玉と石 = 丸と角」の相対する象形は「陰陽五行」を表現しているとされています。、
 
王様の乗せられた上山高欄(2009年10月1日撮影)
中町の高欄
 
中山高欄(2009年10月1日撮影)
中山高欄
 
中山の碧玉と6面石
中山
 

 
ページ先頭(中町曳山:高欄)へもどる。
新湊曳山 高欄
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.