いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 長徳寺 曳山

高欄

いこまいけ高岡

長徳寺曳山の高欄は、朱塗りの上山高欄と黒漆塗りの中高欄から構成される二重高欄となっています。上山高欄(上山上段の高欄)は、朱塗りの欄干に唐草文の彫金が張られています。側面の脇板の彫刻はスサノオの尊「八岐大蛇退治」と「鯉仙人(琴高仙人)」です。鏡板下段の欄間は「天の岩戸の図」です。中高欄(上山下段)は、黒塗りの欄干になっており、4面全ての欄間が老松図の彫刻です。上山直下の殊連は、正面が「桜に雉」、背面が「柳に孔雀」、側面が「梅におしどり」「芦に鵜」の彫刻になっています。
 
長徳寺の高欄(2008年10月1日撮影)
長徳寺の高欄
 
曳山左面の高欄
曳山左面の高欄
曳山右面の高欄
曳山右面の高欄
曳山正面の高欄
曳山正面の高欄
曳山背面の高欄
曳山背面の高欄
 

 
ページ先頭(長徳寺曳山:高欄)へもどる。
新湊曳山 高欄
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.