いこまいけ高岡 > 射水 > 新湊曳山祭 > 法土寺町 曳山

高欄

いこまいけ高岡

法土寺町曳山の高欄は、堆朱の上山高欄と黒漆塗りの中高欄からなる二重高欄となっています。上山高欄(上山上段)の柱と欄干は朱塗りになっており、脇板と背面にある鏡板下部には「唐仙人と唐子」ただし曲水に盃や書物が多い構図から「蘭亭の図」かも・・・が彫刻されています。中高欄(上山下段)の柱と欄干は黒漆塗りで「雲文」の彫金、また中高欄下の長押には「雀」「雀に菊」の金具が張られています。中高欄の狭間奥には「大蓮菊」の極彩色彫刻があります。殊連は、「花鳥図」の彫金が施されています。殊連下の横欄間は、金地に極彩色仕上げの「実ざくろと胡錦鳥」の彫刻になっています。
 
法土寺町曳山の高欄(写真:2009年10月1日撮影)
法土寺町の高欄
 
曳山左面の高欄
曳山左面の高欄
曳山右面の高欄
曳山右面の高欄
曳山正面の高欄
曳山正面の高欄
曳山背面の高欄
曳山背面の高欄
 

 
ページ先頭(法土寺町曳山:高欄)へもどる。
新湊曳山 高欄

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.