いこまいけ高岡 > 射水 > 新湊曳山祭 > 法土寺町 曳山

鏡板

いこまいけ高岡

法土寺町曳山の鏡板は、書を読む人物像です。殷の康鼎(こうちゅう)が「鐘鼎文(しょうていぶん)を説くの図」です。辻 丹甫(二代目)の作と伝えられています。
 
 
法土寺町曳山の鏡板(写真:2008年10月1日撮影)
法土寺町の鏡板
 
殷の康鼎が鐘鼎文を説くの図
殷の康鼎が鐘鼎文を説く
 
鐘鼎文。なお「鐘鼎文」とは、殷・周時代の鐘鼎(青銅器)の銘に書かれている古代中国の古文です。
鐘鼎文
 

 
ページ先頭(法土寺町曳山:鏡板)へもどる。
新湊曳山 鏡板

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.