いこまいけ高岡 > 射水 > 新湊曳山祭 > 三日曽根 曳山

鏡板 越後獅子

いこまいけ高岡

三日曽根曳山の鏡板は、唐子越後獅子です。城端(現 南砺市)出身の彫刻家「村井辰夫」の作品です。鏡板覆いには極彩色の「向かい双竜と宝珠」が彫られ、鏡板脇には「牡丹唐草」、下部には「老松と雛を育てる二羽の鶴」が彫刻されています。
 
三日曽根曳山の鏡板(写真:2009年10月1日撮影)
三日曽根の鏡板
 
唐子越後獅子、著名な彫刻家の作品らしく右下隅「辰夫」と銘が入っています。
唐子越後獅子
 
鏡板下部の彫刻:雛を育てる二羽の鶴と老松
雛を育てる二羽の鶴と老松
 
鏡板覆い:極彩色の「向かい双竜」
向かい双竜
 

 
ページ先頭(三日曽根曳山:鏡板)へもどる。
新湊曳山 鏡板
 
富山県のホテルと旅館
富山県のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.