いこまいけ高岡 > 射水市 > 新湊曳山祭 > 新町 曳山

鏡板 和泉式部

いこまいけ高岡

新町曳山の鏡板は、極彩色に彩られた平安時代の女性歌人「和泉式部(いずみしきぶ)」の御所絵です。上部の鏡板覆いに「鳳凰」、両脇に「桐」、鏡板下桟には「唐子」の彫金金具が打たれ、鏡板下段の欄間に「老松」の極彩色彫刻が施されています。
 
新町曳山の鏡板(写真:2008年10月1日撮影)
新町の鏡板
 
鏡板上部の彫刻:鳳凰
鳳凰
 
鏡板:和泉式部の御所絵
和泉式部
 
鏡板下桟の彫金金具:唐子
鏡板下桟の彫金金具
 
鏡板下部の彫刻:極彩色仕上げの老松(大和松)
老松
 

 
ページ先頭(新町曳山:鏡板)へもどる。
新湊曳山 鏡板

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.