いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山意匠 > 日本の人物

和泉式部

いこまいけ高岡

 和泉式部(いずみ しきぶ、西暦978年頃?(天元元年)生 - 没年?)は、平安時代中期の女性歌人です。中古三十六歌仙の一人です。父は越前守の大江雅致、夫は和泉守の橘道貞です。夫の任国と父の官名を合わせて「和泉式部」とよばれています。彼女のの代表作としては、小倉百人一首・56番の「あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな」があります。
 
新湊曳山 新町 鏡板
和泉式部
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:和泉式部)へもどる。
日本の人物
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.