いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 日本の人物

小野小町


 小野小町(おの の こまち、西暦809年頃(大同4年)生 - 西暦901年頃(延喜元年)没)は、平安時代前期(9世紀頃)の女流歌人で、六歌仙・三十六歌仙の一人です。絶世の美女として有名な皇室の後宮に仕えた女性です。能や浄瑠璃などの題材として頻繁に登場します。小野小町の代表作としては、百人一首にも入っている「花の色は移りにけりないたづらに 我が身世にふるながめせし間に」が有名です。
 
八尾曳山 東町 御神体
小野小町
 

 
日本の人物
浦島太郎役の行者久米仙人大伴家持小野小町深草少将在原業平菅原道真金太郎和泉式部弁慶佐野源左衛門楠木正成越後獅子
ページ先頭(曳山意匠:小野小町)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.