いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山意匠 > 日本の人物

大伴家持

いこまいけ高岡

 大伴家持(おおとも の やかもち、西暦718年頃(養老2年)生 - 西暦785年(延暦4年)没)は、奈良時代の政治家・歌人であり、三十六歌仙の一人です。746年(天平18年)に越中国国守として越中に赴任(現在の富山県高岡市伏木)し、751年(天平勝宝3年)までの5年間越中に滞在し、220余首の歌を詠んでいます。なお、高岡市伏木には万葉集をテーマとした高岡市万葉歴史館があります。
 
新湊曳山 荒屋町 鏡板
大伴家持
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:大伴家持)へもどる。
日本の人物
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.