いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山意匠 > 日本の人物

深草少将

いこまいけ高岡

 深草少将(ふかくさ の しょうしょう)は、室町時代に世阿弥ら能作者が創作した「小野小町」にまつわる「百夜通い」の伝説に登場する人物です。深草少将は小野小町を愛したといわれ、小町が「私の元へ百日間通い続けたら結婚しよう」と言ってくれたので、九十九夜通いましたが、雪の降る日で雪に埋まり凍死したと言われています。
 
八尾曳山 東町 御神体
深草少将
 

 

 
ページ先頭(曳山意匠:深草少将)へもどる。
日本の人物
 
ホテルと旅館
ホテルと旅館
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.