いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 日本の人物

菅原道真


 菅原道真(すがわら の みちざね、西暦845年(承和12年)生 - 西暦903年(延喜3年)没)は、平安時代の学者・歌人・政治家です。一般的には学問の神様である「天神様」として知られる人物です。33歳のときに文章博士(もんじょう はかせ)に任じられました。宇多天皇に重用され右大臣にまで昇進しましたが、左大臣藤原時平との政争に破れ、大宰府へ権帥として左遷され大宰府の地で没しました。このために、朝廷に祟りをなすとされ天神として祀られました。現在は学問の神とされています。菅原道真の代表的な和歌に「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」があります。
 
八尾曳山 今町 御神体
菅原道真
 
新湊曳山 三日曽根 高欄右側
菅原道真
 

 
日本の人物
浦島太郎役の行者久米仙人大伴家持小野小町深草少将在原業平菅原道真金太郎和泉式部弁慶佐野源左衛門楠木正成越後獅子
ページ先頭(曳山意匠:菅原道真)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.