いこまいけ高岡 > 富山県の曳山 > 曳山の意匠 > 日本の人物

楠木正成


 楠木正成(くすのき まさしげ、生年? - 西暦1336年(延元元年/建武3年)没)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての活躍した河内の武将です。鎌倉幕府からは、反乱者であったため「悪党」と呼ばれましたが、天皇方であったため、明治時代以降には高く評価され「大楠公」呼ばれました。建武の新政の立役者として足利尊氏らと共に活躍しました。足利尊氏反抗後は新政の軍事主体の主力の一方になり、足利尊氏の軍に敗れる「湊川の戦い」で自害するまで勤王を貫きました。
 
大門曳山 西町 祭神
楠木正成
 

 
日本の人物
浦島太郎役の行者久米仙人大伴家持小野小町深草少将在原業平菅原道真金太郎和泉式部弁慶佐野源左衛門楠木正成越後獅子
ページ先頭(曳山意匠:楠木正成)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.