いこまいけ高岡 > 射水 > 新湊曳山祭 > 四十物町 曳山

高欄

いこまいけ高岡

四十物町曳山の高欄は、堆朱の上山高欄と黒塗りの中高欄から構成される二重高欄となっています。上山高欄は、堆朱(朱塗り)になっており、高欄狭間の欄間は金箔地に中国の仙人に由来すると思われる「花鳥や動物」の厚肉彫り、廻り縁の地木は「稲妻文」になっています。中高欄は、黒塗りで柱や欄間には金工細工の「朝顔蔓唐草文」、上下の長押には「葡萄唐草文」「千鳥」の彫金があり、欄干には飛雀が取り付けられています。狭間の奥には「大蓮菊」の彫刻があります。中高欄下の殊連は「松に雉」「竹に雀」の彫刻です。
 
四十物町曳山の高欄(写真:2009年10月1日撮影)、曳山左面
四十物町の高欄
 
曳山左面の高欄
曳山左面の高欄
曳山右面の高欄
曳山右面の高欄
曳山正面の高欄
曳山正面の高欄
曳山背面の高欄
曳山背面の高欄
 

 
ページ先頭(四十物町曳山:高欄)へもどる。
新湊曳山 高欄

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.