いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 嵐山地図 > 嵯峨野地図

落柿舎


 落柿舎(らくししゃ)は、松尾芭蕉の蕉門十哲の一人として知られる向井去来(むかい きょらい、1651年(慶安4年)生 - 1704年10月8日(宝永元年9月10日)没)の別荘として使われていた草庵です。去来在世中に、庭にあった40本もの柿の木の実が一夜にして殆ど落ちつくし、かねてから買約中の商人を気の毒に思った去来がお金を返したことが「落柿舎」という名前に由来です。松尾芭蕉も晩年に三度落柿舎を訪れており、この場所で「嵯峨日記」を著しています。なお現在の建物は俳人・井上重厚による再建であり、場所も芭蕉の時代の落柿舎とは異なっています。
 
落柿舎(写真:2011年11月9日撮影)
落柿舎
 
落柿舎の写真
門
柿の実
柿の実
 
落柿舎 地図(Map of Rakushisha, Sagano, Kyoto city, Japan)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都市の嵯峨野にある落柿舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒616-8391 京都府京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町20
公式Webサイト:落柿舎 - 向井去来遺跡
 
落柿舎と周辺の観光名所
  1. 落柿舎
  2. 嵯峨天皇皇女 有智子内親王墓
  3. 常寂光寺
  1. 去来翁の墓
  2. 二尊院
  3. 妙祐久遠寺
 

 
京都 嵯峨野の観光名所
御髪神社小倉池常寂光寺有智子内親王墓落柿舎去来翁の墓二尊院想い出博物館厭離庵慈眼堂宝筐院清涼寺檀林寺祇王寺滝口寺證安院博物館さがの人形の家後亀山天皇嵯峨小倉陵八体地蔵尊嵯峨鳥居本 保存地区化野 念仏寺大覚寺
ページ先頭(京都・嵯峨野:落柿舎)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.