いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社 > 本宮

春日大社 本宮 本殿

いこまいけ高岡

 本殿(ほんでん)は、東側(向かって右側)を第一殿として、ほぼ同じ大きさの4棟(第一殿から第四殿まで)が並立し、各殿間と両脇に絵を描いた板塀があります。母屋は土台を井桁に組んだ上に建ち、正面に簀子縁(すのこえん)と木階(もっかい)が付けられています。この様な造りの社殿を「春日造(かすがつくり)」と呼んでいます。
 本殿の創建は、768年(神護景雲2年)とされています。中世以降は、造替制(ぞうたいせい)によりほぼ20年毎に造り替えられていますが、平安時代に完成した様式を現代によく伝えています。本殿 四棟および透塀(すきべい)・内鳥居・瑞垣(みずがき)が「春日大社 本社 本殿」として国宝に指定されています。
 
本殿の祭神
春日大社 本宮 本殿 地図(Map of Honden(Main shrine), Kasuga-taisha Shrine)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に春日大社 本宮にある本殿の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 本殿
  2. 中門・御廊
  3. 南門
  1. 慶賀門
  2. 清浄門
  3. 内侍門
  1. 着到殿
 

 
ページ先頭(春日大社 本宮:本殿)へもどる。
春日大社 本宮
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.