いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 小矢部市 観光案内

一乗寺城


 一乗寺城(いちじょうじじょう)は、越中国と加賀国との国境にある枡山(升形山、標高276メートル)の山頂に在った山城です。南北朝時代の正平年間(1346年~1370年)に、南朝方の越中国守護・桃井直常の重臣であった丹羽吉左衛門により、庄ノ城の支城として築城されました。1584年(天正12年)には、前田利家への備えとして佐々成政の家臣・杉山小助によって改修が行われました。しかし、同年9月の末森城合戦の後に落城し、前田家が加賀国と越中国を所領したため戦略的価値が無くなり、廃城になったと考えられています。
 
一乗寺城跡 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に一乗寺城跡の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:富山県小矢部市八伏
 

 
小矢部市の観光名所と祭り
クロスランドおやべ桜町遺跡小矢部ふるさと博物館小矢部ふるさと歴史館倶利伽羅峠倶利伽羅源平の郷・埴生口埴生護国八幡宮若宮古墳医王院今石動城一乗寺城蓮沼城前田秀継の墓前田利秀の墓小矢部市の近代建築物とメルヘン建築小矢部市の祭り
ページ先頭(小矢部市:一乗寺城)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.