いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 秋の高山祭

からくり人形


 秋の高山祭での一番の見所は、布袋台のからくり人形です。布袋和尚と唐子人形の「はなれからくり(綾渡りと呼ばれる極めて精緻巧妙なからくり)」です。36条の手綱で操りられる布袋と男女二人のからくり人形です。六段崩しの曲に合わせて男女二人の唐子が「綾(アヤ)」と呼ばれる5本のブランコ形のものを蔦って機関樋の先端に立つ布袋和尚に飛び移ると、布袋和尚が軍配を一振りして「和光同塵(わこうどうじん、賢人は自分の才智を目立たないようにし俗世間と調子を合わせるという意味)」と書かれたのぼり旗が出てきます。
 
布袋和尚と二人の唐子
布袋台 からくり人形
 
空中ブランコする唐子
空中ブランコする唐子
 
からくり奉納終了直前の紙吹雪
紙吹雪
 
関連コンテンツ:春の高山祭からくり人形奉納
 
岐阜県高山市と富山県の曳山祭り 曳山のからくり人形(前人形)
高岡御車山伏木曳山城端曳山新湊曳山大門曳山氷見曳山春の高山祭秋の高山祭
 

 
ページ先頭(秋の高山祭:からくり人形)へもどる。
秋の高山祭
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.